トップページ
法人トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 医療制度改革下の保健指導のあり方 ≫ 目次
医療制度改革下の保健指導 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
支援ページトップへ戻る  医療制度改革下の保健指導へ進む
 

目次

☆医療改革制度における保健指導のあり方

平成20年から実施される医療改革制度では、健診・保健指導の実施者は医療保険者になることから、また国として新たな保健指導の転換の指針としてこれまでの生活習慣病における指導を内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の概念を取り入れた指導とするように指針が出され、これまでの健診・指導とは異なった理念・考え方のもとに実施される必要が出てきました。

その変更点やこれからの対応について解説しています。

医療制度改革における保健事業の転換  ・・・・・・・・ 1P
保健事業計画             ・・・・・・・・ 3P
保健従事者の差別化          ・・・・・・・・ 4P

☆保健指導従事者とは

保健指導従事者は、専門知識を持ち健康管理を担う指導者として認められていますが、彼らに課せられた使命とはどのようなものか、独断で述べています。

☆エキスパート保健師を目指して

「生き残れる保健師とは」「保健師の将来の構造」について解説すると同時に「エキスパート保健師となる条件」について、作業展開能力 基本的知識 基本的技術保健師の経験年数によって最も期待される実践能力等について解説しています。

生き残れる保健師とは         ・・・・・・・・ 1P

住民ケアと地域ケアのちがい      ・・・・・・・・ 2P

保健師の将来の構造          ・・・・・・・・ 3P

評価の必要性             ・・・・・・・・ 3P

エキスパート保健師となる条件

作業展開能力             ・・・・・・・・ 4P
基本的知識              ・・・・・・・・ 4P
基本的技術              ・・・・・・・・ 4P

 

☆従来指導と特定保健指導の違い

特定保健指導はこれまでの保健指導と全く異なる性質を有しています。
これまでの健康教室の延長上と考えていると大きな過ちを犯します。
特定保健指導の特異性について述べています。

☆健康管理システム導入の前に

☆保健指導支援型システムを構築するにあたり

保健指導従事者側とシステム開発側双方に求められる事柄について書いています。
また、 保健指導型健康管理システムの概念と機能についての提案も載せています。

 

支援ページトップへ戻る  医療制度改革下の保健指導へ進む
法人トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース