トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 健康管理システム導入の前に ≫ ・・・ 4ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
支援トップページへ戻る  ページ2へ進む

保健指導型健康管理システムの概念と機能

 

データ管理機能支援型と保健指導支援型

健康管理システムの持つ機能として、データ管理機能支援型と保健指導支援型の2つに分けることが出来ます。

データ管理機能支援型とは、保健師の業務において主に帳票類における業務を軽減・支援することを目的として開発されたものを言います。

また、保健指導支援型とは、日常の保健指導を管理・支援するために開発されたものを言いますが、健診業務、健診アフターフォロー管理、指導スケジュール管理などは保健指導支援型には含みません。これらは業務支援型として捉えられています。

ここでは、保健指導支援型についてその概念を述べていきたいと思います。

特に保健指導従事者とメーカーの間に入って仕様決定に関与するデータ管理者にはぜひとも読んで頂きたいものです。

なぜ満足のいく保健指導支援型システムがないのか

保健指導支援型システムを作り上げるのは、システムエンジニア側、保健側、それぞれが互いの領域の知識を寄り合わせて作り上げないとなかなか実現出来ません。

データ管理機能支援型は各社から多くの種類が発売され、それぞれのユーザーに合わせた機能を付加したり特殊なカスタマイズがなされていたりその機能は多岐にわたっています。ここでは、健診業務を初めとするスケジュール管理や帳票類業務の軽減といった日常的ではありますが、データやスケジュール管理機能に重点が置かれ保健的ではない業務に力が注がれています。

では、保健指導支援という面からシステムを見るとどうでしょうか?

データ管理機能は、システムエンジニアが最も得意とする分野であり、それぞれの才能が発揮され良いシステムに組み上がっていますが、保健指導という面は彼らの最も不得意とする分野で、保健指導管理機能では、保健側から見て充実した機能が織り込まれている例をあまり見かけません。

システムを設計する場合、その仕様を決める打ち合わせに保健従事者も参加することは絶対必要なのですが、そこで話し合われている事項にどれだけ自分たちの望む仕様を実現させているかと言うことになると、システムエンジニアの提案に近いものが多いのではないでしょうか。

経験のあるシステムエンジニアでしたら、データ管理、データ抽出、帳票類への出力、定型書類への出力等、型どおりの提案は出来ます。また、いろいろな事業所、市町村のシステムを手がけている経験から最も効率の良いシステムを築いてくれます。この場合、保健従事者の言わんとすることよりももっと良いシステムを提案してくれることもあります。

ところが、保健指導となるとシステムエンジニアは全くの素人です。

素人が素人なりに、顧客から要求される事項を何とか実現させようと努力することは顧客満足の面から見れば重要なことですが、実現させるためのたいした努力もせずに「この機能を入れるとこれだけ値段が上がります」とか「負荷が大きくてとても乗せられないです」とか逃げてしまう業者が多いのはとても残念なことです。

 

支援ページトップへ戻る 1/4 ページ2へ進む
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース