トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 保健指導支援型システムを構築するにあたり ≫ ・・・ 3ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
支援トップページへ戻る  ページ2へ進む

保健指導支援型システムを構築するにあたり

なぜ満足のいく保健指導支援型システムがないのか

従来型のデータ管理支援型システムは、健康管理システムに代表されるようにデータベース管理を主体とした業務低減を目的としたコンセプトで構築されています。
ところが、保健指導支援型では、個々の対象者の情報を適切に処理し的確なアドバイスが行えるように支援していくことが基本となります。それは指導者のスキルとも密接に関係し、経験の浅い人、ベテランの人それぞれを満足させることも必要です。

また、保健指導者側からの、「正しい評価を行いたい」と言う要望に対して具体的な評価方法を示すシステムはどこも示せてはいない現状を考えると「評価」ということもエビデンスに基づいた機能として織り込まなければいけません。

これから目指す保健事業支援システムは、既存の事務的業務型から指導支援評価型へと根本的な改革が必要とされるのと同時に、事業に携わる保健指導従事者自身のスキルも同時に上げていくシステムコンセプトを持ち合わせていなければならないと考えます。

しかし、指導者のスキルアップを目指したシステムコンセプトを目指すとなると、保健側の抱える大きな問題として、保健指導を効率よく行うためのスキルが何なのか、直面する課題に対して解決する手だては何か、それをサポートするシステムとしてどのような機能を持たせると良いのかを明確に答えることが出来ない人が殆どです。まして「正しい評価」となると何をどうすればよいのかハッキリと答えてくれる指導者はなかなかお目にかかれません。
このことは、実際多くの保健事業報告書を見ると、客観的評価に値しない事業が大半を占めているという現実が物語っています。(これは中身が無いと言う意味ではありません。主観的評価だけで止まっていたり、評価したい事項を数値化出来ずに表に現せていないと言う意味です。)

そうするとシステム仕様を打ち合わせるのに、これまでのように現場側からの意見を聞きだしてそれを機能に載せるというこれまでのやり方が出来ないと言うことになり、開発側は保健指導の理論はもとより、現場に精通した専門的な見地から現場にあったやり方を模索し提言しユーザー側と双方で築き上げていくことが求められます。
しかしここにも落ちし穴があります。
開発費用の面から考えると、安易な機能を選択したりすると実際のフィールドでの結果の伴わない卓上の理論を優先させたり、実際の事業運営上必要事項を見落したりする危険性があります。
エビデンスはあるが、実際のフィールド実績が伴わないもの、多くの保健指導者からの支持が得られにくいものを開発費用がかかる理由で採用してしまっては元も子もありません。

このような理由から未だ満足のいく保健指導支援型システムというのはなかなか見あたりません。
保健指導従事者が満するシステムの開発は、保健指導のノウハウを持っているところと提携しながら作り上げていくことが一番の近道かもしれません。

これからの保健指導支援型システムが目指すもの

これから先に目指す保健指導支援型システムが指導者のスキルを向上させると言うコンセプトに基づくことは、開発される保健指導型支援システムというのは、現状の保健指導者よりも高いスキルを有していることにもなります。
使えば使うほど指導者のスキルが向上するシステムであるならば、新人教育はもとより中堅者教育や実際の事業自体が効率化する目的での使用も可能でしょう。

その意味では、提供する側もこれまでの業者的な営業方法では対応出来なくなります。
システムを売るのではなく、保健指導のノウハウを売るという−システムはそのための道具でしかない−戦略の転換が必要でしょう。

本当の意味で顧客の役に立つ顧客提案と言う本来の姿に戻るべきです。これまではデータベース的な発想から来る顧客提案(つまりシステム側から見た効率の良い提案)を保健指導から見たスキルを向上させる提案として行えるならば「あそこに相談すればいろいろとアイディアがもらえるかもしれない」と信頼され「業者のくせに」的な扱いを受けることも少なくなるでしょう。

そのような意味でも、システム販売は長期間の研修(これはシステムの使いからではなく保健指導に必要な事柄の研修)とセットで行われるべきと考えます。
しかし、これは営業部隊以外に教育・研修部隊を組織化出来るところでないと難しいかもしれません。
また、研修を通して強固な信頼関係を築き上げることも可能ですし、システムをグレードアップさせる機能や追加機能への見地ももらえるかもしれません。

 

次のページからは、保健指導支援型システムにおける仕様について述べています。

 

支援ページトップへ戻る 1/3 ページ2へ進む
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース