トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 健康管理システム導入の前に ≫ 従来指導と特保の違い ・・・ 1ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
支援トップページへ戻る  ページ2へ進む
 

従来指導と特定保健指導の違い
特定保健指導の特異性について

 

特定保健指導はこれまでの保健指導と全く異なる性質を有しています。
過去、特定保健指導実施に向けてヘルスアップ事業やプレ特定保健指導などが行われてきましたが、これまでの発表とかを見る限りでは多くの方はこの特異性に未だ気づいていないようです。
これまでの健康教室の延長上と考えていると大きな過ちを犯します。

特定保健指導の特異性とは、対象者と面と向かって会う機会がわずかしかないというところから出てきます。
これまでの保健指導は、期間ごとに集まってもらいその都度指導を行っていました。その中では、対象者と会うごとに対象者の新しい情報が得られ、その情報をもとに根本的な問題点を探り出し、的確な目標設定を行い、実施・継続に向けたサポートを行ってきました。

ところが、特定保健指導では、対象者と直接面談出来るのは、基本的に初回の面談時に限られます。
その初回面談時のわずかな時間の中で、対象者の行動を変えるために本音に迫り、行動変容を起こす必要な情報を全て収集するしかないのです。
しかも情報収集だけではなく、その面談で目標設定まで行われることも珍しくありません。

保健指導の結果(評価)は適切な目標設定が正しく実行されたかどうかで決まります。
安易な目標設定は目標が達成できても、検査値等の数値結果には結びつかないでしょう。
目標設定は対象者の抱える問題を見極め、結果に反映できるものを選ぶ必要があるのです。

目標設定は対象者の詳細な情報収集から見えてくるもので、これまの保健指導では数回の開催の中で見つけてきたものを特定保健指導では、最初の面談の限られた時間の中で見極めなければならないのです。しかも、全体評価ということから考えると、指導者の力量による情報収集、目標設定のバラツキを抑えることも考慮し、指導担当者による差をなくす努力も必要です。

正に保健指導者はこの面談に一発勝負をかけて挑まざる終えないのです。

また、もう一つ、特定保健指導対象者は一度受講すると次年度以降は受講できない(不可能ではなく受講優先順位が最も低くなる)仕組みになっています。対象者への評価は約半年の指導結果で、評価されますが、主体者側へペナルティの課される評価は5年後の対象者数(受診率・指導率・該当者率)で最終的に評価されます。即ち一度受講した人は、受講直後は良い結果でもリバウンドしたからと言って再受講することは難しく、リバウンドしたままだとペナルティ対象者数としてカウントされてしまいます。

実施される保健指導は、リバウンド回避を考慮し、出来るだけ検査値等の数値結果には結びつく目標設定がされ、それが維持できるような支援が求められますが、それにはこの初回面談における情報収集が重要となってきます。

いろいろな報告や企画を見ていると、初回面談時における情報収集に力を入れているところが少ないと感じています。ありきたりの質問票、ひどいところでは形式に沿った事前質問票だけしか用意されておらず、これで対象者の行動変容を起こす情報が入手できると思っているのでしょうか。
とても一発勝負にかける意気込みが感じられないのが多くて残念です。

医療では、患者さんを前にして病名や検査値から治療プランを立てるのではなく、患者さんの徹底した観察と問診から始まります。保健指導もこれと同じこと。目標設定が最初に頭にあると他の事例を探したり、他の地域のことが気になったりして横並びのものが出来上がります。そして結果も同じようなものになったりします。

多くの先生方が指摘されているように1回の面接で行動変容まで持って行くことは大変難しいと思います。しかし現実にはそれをやれと言う声も大きいのです。だから支援パターンで対応を考えていく必要があるのではないかという意見も頂きます。
支援パターンでいくつか考えて実施できるのに越したことはないですが、現実的に支援パターンを複雑化することは、費用の面から躊躇するケースが多いのも事実です。ポイント数を出来るだけ抑えたいという主体者側の気持ちもわかります。

特定保健指導では、これまでの健康教育事業以上に初回面談時に向けた情報収集のあり方を考えなければ望む結果は得られにくいのではないでしょうか。
どのような目標設定が、あるいはどのような指導プログラムが適切なのか考える前に、どのようにして情報収集をするのかを真剣に考える必要があります。

上手に使うと指導者側のスキルの向上に役立つ

まだまだ軌道に乗れてはいないようですが、スタッフの面談スキル向上のきっかけになっていることは事実です。やっていて指導者側のスキルはかなり上がります。

これまで習得してきた技術、コーチングとかカウンセリングとかが情報収集能力と結びついて面接が格段に上手くなった例をいくつも見てきました。
大変かもしれませんが、真剣に取り組む価値はあると感じています。

熱心に学び、腕を上げられた方が結構います。
これは今までになかった現象です。

 

支援ページトップへ戻る 1/1 ページ2へ進む
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース