トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 研修 ≫ 具体例 ・・・ 5ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  
 

独学教育ツール

「健診データ集計と分析」編

 

リンク⇒ 価格&申し込み 配布に至る背景 保健集計基礎技術健診  

保健指導評価を行うための統計分析

これには以下のファイルが含まれています。

・健診データ集計と分析テキスト&演習と回答(PDF及びエクセル)

・健診データ分析ツール(エクセル)

データを前にして「とりあえず平均を出してみるか」と挑むと必ず行き詰まります。受講生の「健診データを舐めていた」とか「受講しなければ決して作ることは出来なかった」との感想からも伺えるように健診データ集計と分析は保健師にとってハードルの高いものです。

ハードルを上げているのは主に次の2つです。

1.規準データの収集

2.一般的な集計と方法が異なる

自社の集団を分析するにはエビデンスのとれた規準データと年齢調整を経て、比較検討しなければいけないのですが、この基準データをどこまで集めてこれるか。(これによって集計分析の質が決まります)

また、入手できるデータはエクセル分析に使えるように処理しなければいけません。保健医療における集計は普通一般的に行われている集計と考え方が異なります。例えばBMI値と血圧値とLDL値を足して平均いくら、と言っても何の意味もありません。保健医療では検査項目間の演算が出来ないのです。項目間の演算が出来ないと分析は行えないので、これを演算できる形に直していくエクセルの技術が必要となってきます。

この2つの理由によりハードルの高いものになっているのです。

本編では、規準データを東京都産業連絡協議会と厚生労働省のデータベースから提供されている健診データをエクセルで分析できるような形に成形して取り込んでおり、第1のハードルをクリアしています。このデータベースには、年齢構成別の全国値だけでなく、都道府県別、被保険者別(国保、市町村国保、健保、協会健保、共済組合、船員保険)に分けたデータや、本編で利用しないデータもかなり多く含んでおり、今後何かの切り口や拡張した場合に備えて用意されています。

第2のハードルがテキストの内容となります。

◎テキストと演習が連結していますので、順序よく積み重ねて学習出来ます。

◎回答の手順も懇切丁寧に解説していますので、初心者でも最後までやり遂げられます。

◎出来上がる報告書は専門家に依頼した以上のものが出来上がります。

◎分析は全てエビデンスベースに基づいていますので、そのまま論文として投稿できる内容となります。

◎健診データ分析ツールは自社分析用のツールとして活用出来ます。

テキストに沿って学んでいくことで第2のハードルがクリアできるようになっています。

更に詳しく⇒分析ツール

リンク⇒ 価格&申し込み 配布に至る背景 保健集計基礎技術健診  保健指導評価を行うための統計分析

 

 1/1 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース