トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 研修・勉強会 ・・・ 1ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

エクセルによる保健事業評価統計講座 (全3回)

(パソコンはこちらで用意しますので持参する必要はありません。持ち込みも可)

今回の研修は統計の数学的なことは殆どお話ししません。
統計の勉強と言うより、実践的な使い方に主眼を置いた研修となっています。

統計を評価のための道具としてどの様な場面でどの様な手法を扱うかを中心に解説し、将来本格的な統計ソフトを導入しようと考えている方々も含め、各検定手法がどの様に進められているかをエクセルだけで分析、解説し将来的に専用ソフトを使いこなせるように構成しています。

最近の学会発表などを見ていると、t検定等の基本統計だけではなく、分散分析や重回帰分析を用いて評価しているケースが増えてきました。少し難易度は上がりますが、将来的に論文を発表してみたいと考えている場合、避けて通ることは出来ません。

また、保健指導の成果を評価する際に臨床検査値のもつ特異性を考慮した評価が増えてきました。検査値は正常値から離れるほどその戻り値が大きいと言う特徴を持っています。
正常値から異常な値を持つ幅広いグループを対象とするのであれば、この特異性はさほど問題にならないのですが、特定健診の対象者のようにハイリスクグループを対象にしている場合、通常の検定方法では間違った結論を導く可能性があります。厚生科学研究等の論文でもこれらに配慮した検定方法が使われているのを目にすることが増えてきました。

医療費などもこの傾向が強く、今後保健指導の統計評価のみならずデータヘルス分析では主流になっていくことも考えられますので、その点を含めた取り組みを行います。

今回の研修では、実際のエクセルの演習を通して保健指導評価に必要となる検定手法の8割以上を取り上げますが、その際使用するエクセルシートはそのまま統計ソフトとして流用できるようにテンプレート化しています。これは市販の中堅ソフト以上の実力は出せますし、統計ソフトが裏でどの様な動きをしているのかが、よくわかるようになっていますので専用ソフトをお持ちの方でも重宝するかと思います。

【日程】

◎時間:全日10:30〜16:30

8月 5日(土):統計の考え方と基本検定

8月19日(土):分散分析と多重検定

8月26日(土):重回帰分析

【会場】

会場は全日、川崎市男女共同参画センター(スクラム21 第3研修室)で行います。

アクセスマップ⇒ http://www.scrum21.or.jp/aboutus/access

 

【 参加対象】

保健師、看護師、栄養士、その他保健事業に従事されている方

【 定員】

各編定員10名です。(定員になり次第締切)

【 受講料 】 お一人様の受講料金です。

参加費用(テキスト代、パソコンレンタル費他全て含み税込み費用です)

¥35,000(事前振込のみ) 

 

 

予約申し込み
 


エクセルによる 保健事業評価統計講座

参加者氏名(必須)  

メールアドレス(必須)


★職種(必須)
保健師             看護師
(管理)栄養士        その他

受講料
  事前振込(¥35,000)  事前振込のみ


予約申し込み制ですが、この申し込みで席が確保されるわけではありませんので、ご注意願います。
申し込み後確認のメールを送りますので、メールアドレスはお間違えのないようにお願いします。

2,3日以内に返信メールが届かない場合、次のアドレスまでメールをお願いします。 zap12433@gmail.com

メッセージ(お伝えしたいことがあれば記入してください)




  

この送信にはCGI RESCUE社のシステムを利用しています。
送信完了後に同社の画面が表示される仕様となっていますので、「サイトへ戻る」をクリックしてお戻り下さい。

Powered by CGI RESCUE®

 

 

 

 1/1 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース