トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 研修・勉強会 ・・・ 1ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

健診データ分析ツールを用いたエクセルによる集計と分析

(パソコンはこちらで用意しますので持参する必要はありません。持ち込みも可)

コロナウイルス感染症拡大防止に伴う会場閉鎖処置により以前の日程を変更しました。

独学教育ツールの健診データ分析ツールを大幅に改良し3ヵ年経年対応になりました。
通常単体での提供は行いませんが、今回に限り研修を通じて単体での配布を行います。

今回の研修期間内に限り研修に参加できない方のために別売りでの提供を行います。
詳細はこちらから⇒分析ツール申し込みフォーム

 

これまで独学教育ツールに付随していた健診データ分析ツールですが、これまで購入された方々からの多くの要望を取り入れ大幅にバージョンアップを行いました。
(独学教育ツールを購入済みの場合通常無償アップデートにしているのですが、今回は有償になります。)
これまでの単年度解析から、3ヵ年経年変化の分析に加え、業務管理を効率化することにも重点においています。

今回新バージョンの健診データ分析ツールを用いた健診データ集計・分析研修を以下の日程で行います。
コロナウィルス感染症を考慮し、少人数での研修となります。

◎日時・時間

 6月 7日(日) 13:30〜16:30
 6月14日(日) 13:30〜16:30
 6月20日(土) 13:30〜16:30
 7月 5日(日) 13:30〜16:30 

受講費:¥65,000(事前振込のみ)

 

健診データ分析ツールの目的は、これまで、健診データの集計・分析の研修を数多く開催してきましたが、保健従事者にとって集計・分析は必要技能ではあるけれど、かなりハードルの高いものだと実感しています。
集計・分析におけるエクセル技術は初心者には難しく、本来SEプログラマーの領域ですが、分析のため保健指標や年齢調整を含めた評価指標を取り出すアルゴリズムはSEプログラマーと言えども保健や栄養学、公衆衛生に熟知していないと手が出せない領域です。それゆえ保健従事者に全てを任せているのが現状で、それがハードルを上げている実情です。

本来、保健従事者としての仕事は、エビデンスに基づいた集計・分析結果から専門職にしかできない判断を下し、先々の指針を示すこと。なのですが、集計・分析にかかるエクセル技術や比較のための標準データの収集で時間を取られ本業に費やす時間が少ないのが実情です。分析ツールはエクセル技術や基礎データの収集のハードルをクリアするためのツールであり、これを提供することで、保健従事者にしか出来ない本来の仕事への時間を大幅に増やすことが出来るようになります。

今回の研修で用いる健診データ分析ツールは、自社データを入力(貼りつける)だけで、年齢調整を初めとするいろいろな統計処理を施された1500以上の表やグラフが出力、カテゴリー別に整理され、一般公開されている厚労省データや健診協会データを用いて全国平均と比較しながら対象団体の位置づけを明確にしたり、自社内における事業所や部署間での比較も統計的に処理されて問題点や原因究明へのマイルストーンを提示することができます。

今回提供される資料は健診データ分析ツールと取り扱い説明書の他に、日常業務におけるエクセルの基礎編テキストが付随します。こちらは研修では取り上げませんが、日常業務だけではなく健診データ集計・分析の基礎について解説しているテキストです。
このテキストは、これまで分析ツールを用いた分析結果を報告したら社内でエクセルのエキスパートと誤解されいろいろな処理依頼が増えて困ったという方が多くいまして、それをサポートする意味で自己学習して下さいとの願いを込めて提供しています。内容的には過去保健医療従事者から受けたエクセルに関する質問を整理・解説し、健診データ集計・分析の基礎を追加して体系化したものになっています。

また、実際に健診データを分析しようと試みた方なら実感すると思いますが、各検査項目の平均値までは出してみたが、その先どうしようかと悩み、立ち止まられる方も多いです。
 健診データを分析した論文や報告書などを見るとそこにはいくつかのパターンがあります。
研修では、分析ツールが出してくる結果をほとんどの保健事業に展開できる黄金パターンに沿って再構築し報告書として仕上げていく過程を解説していきます。

更に、法定健診、特定健診とあるように特定健診の対象者になる前の40歳以下と対象者を比較分析することも行い、健診データ全体から特定健診という枠を越えて、もし特定健診に年齢制限がなかったら・・、肥満と判定されない高リスク対象者はどうなっているのか・・数年後には特保対象者となる方々の現状は・・・などいろいろな切り口から集計分析を行います。

これにより40歳前後における保健指導の方針を明確にし、ポピュレーションアプローチを含めた特定健診の戦略づくりから保健事業計画全般の基盤作りを行うことが出来ます。これらは保健指導を行う者にとっては基礎技能としてぜひとも拾得しておくべき内容です。

お持ち帰りになった分析ツールにはぜひ自社データを入れ、今回学んだ分析の流れを当てはめ報告書を作成することをお勧めします。それが今回の研修での成果物として活用していただけたらと思います。

◎分析ツールと他社健康管理システムとの違い (よく聞かれるので)

通常の健康管理システムでも現状値の集計処理を行い、グラフ化まではしますが、ほとんどの場合そこまでです。しかし、これはだけでは、分析の主体である他と比較し、多い少ないを論じることはできません。
健診項目の数値は性差、年齢に大きく影響される性質を持っています。
全国平均値と自社の比較や、自社全体と各事業所間の比較などを行う場合、これらの影響を排除しなければ正確な分析を行うことができません。

性差は個別に分離することで影響を除去できますが、年齢に関しては年齢調整が必要になります。年齢による構成人数の影響をもろに受けるのが健診データの特徴です。

通常の健康管理システムではこれを行ってくれません。これまで多くのシステムを見てきましたが、年齢調整を行っているシステムは皆無です。これでは分析に必要な比較が出来ないどころか集団本来の数値が見えません。

分析ツールでも同様に現状値の集計を出しますが、全ての検査項目値に対して年齢調整を行いグラフ化します。「分析」と名が付いている以上データの統計処理からエビデンスに基づいた結果を出力します。年齢調整は総計だけでなく各年代間ごとに行われ、有意差判定や信頼性区間を表示します。また統計的な将来予測も提示されます。

行政から提供されている特定健診集計ツールでは40歳以下の方が対象外となり、その状況は把握できませんが、新たに対象となる方々への予防処置には欠かせないデータです。
特保関連のデータでも年齢の縛りをなくして出力することも可能で前述した分析ができます。

肥満を軸にした分析として、健康分布図を作成します。またその結果は、統計処理され有意差判定からリスク度合い(相対危険度)が計算されます。

健康分布図の発展型として、軸足を変えた観点から見ることもできます。

また、これらのデータやグラフはカテゴリー別に集約され、専門職として判断が下しやすいように整理されていますし、発表や報告用として活用することもできます。

新バージョンでは、業務管理支援強化として、いろいろな帳票作成の支援と該当者の人数だけでなく1クリックでリスト化する機能もつけました。
労働基準監督署へ提出する定期健診結果報告書様式6号において、健診項目、所見人数、医師の指示人数を作成します。


また、特定健診における様式6−8 メタボリックシンドローム該当者・予備群を年齢40歳以下を加えて全社員対応にして出力します。


肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病のリスクフローチャートが作成されます。これには過去保健指導を受講したかしていないかで細分化されています。

これらに記載されている各該当人数を1クリックでリスト化でき、このリストをワードの差し込み印刷と連携すれば、該当者へのラベル印刷や案内文の作成が容易になります。

隠し機能として(これは旧バージョンにも搭載されていますが)健診項目対処の優先順位を出力させることが出来ます。健診項目はいろいろな検査項目と関連しており、1つの項目を改善するために多くの項目に手を出さざる終えません。そのため改善までに多くの時間やリソースが必要となり単年度で成果を出すことが難しいのですが、検査項目通しの関連の強さを分析し、単年度で成果が出せる項目の順位を出します。本来の目標と離れる場合が多いので、隠し機能的に扱っていますが、成果を強く求められている場合重宝します。

その他いろいろと有益な機能を持っていますが、何といっても自分たちだけで自由にカスタマイズできる点は他のシステムにはない利点となっています。

【日程・時間】

 6月 7日(日) 13:30〜16:30
 6月14日(日) 13:30〜16:30
 6月20日(土) 13:30〜16:30
 7月 5日(日) 13:30〜16:30

コロナウィルス状況により、1週間先送りとなる場合があります。

【会場】

会場は全日、川崎市男女共同参画センター(スクラム21 第3研修室)で行います。

アクセスマップ⇒ http://www.scrum21.or.jp/aboutus/access

【内容】

第1回:データの成形と3年分統合(突合)

第2回:分析ツールの使い方とカスタマイズ(拡張)

第3回:分析ツールの使い方とカスタマイズ(拡張)続き

第4回:報告書作成の要領

【 参加対象】

保健師、看護師、栄養士、その他保健事業に従事されている方

【 定員】

定員5名です。(定員になり次第締切) コロナ対策により少人数制とさせて頂きます。

【 受講料 】 お一人様の受講料金です。

参加費用(テキスト代、パソコンレンタル費他全て含み税込み費用です)

¥65,000(事前振込のみ) 

 

 

【日程】

エクセルによる健診データ集計と分析
【回数】
【日時】
【時間】
【場所】
第1回
6月 7日(日)
13:00〜16:30

川崎市男女共同参加センター(すくらむ21)第3研修室
アクセスマップ:
http://www.scrum21.or.jp/aboutus/access

第2回
6月14日(日)
13:00〜16:30
第3回
6月20日(土)
13:00〜16:30
第4回
7月 5日(日)
13:00〜16:30

予約申し込み
 


分析ツールを用いたエクセルによる健診データ集計と分析

参加者氏名(必須)  

メールアドレス(必須)


★職種(必須)
保健師             看護師
(管理)栄養士        その他

受講料
  事前振込(¥65,000)  事前振込のみ
  


予約申し込み制ですが、この申し込みで席が確保されるわけではありませんので、ご注意願います。
申し込み後確認のメールを送りますので、メールアドレスはお間違えのないようにお願いします。

2,3日以内に返信メールが届かない場合、次のアドレスまでメールをお願いします。 zap12433@gmail.com

メッセージ(お伝えしたいことがあれば記入してください)




  

この送信にはCGI RESCUE社のシステムを利用しています。
送信完了後に同社の画面が表示される仕様となっていますので、「サイトへ戻る」をクリックしてお戻り下さい。

Powered by CGI RESCUE®

 

 

 

 1/1 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース