トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫  ≫  ・・・ 1ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  
 

何のために評価するのか

評価の必要性

普通事業評価というと、測定された指標の解析により、期待された効果が得られたかどうかを検討することで評価が得られるものと考えがちですが、その過程は主に対象者に対するプログラムの介入効果の評価を行うためのものです。

普通これが出来上がると事業の評価として見た目は完成し、報告書としての成果物も体裁の良いものが出来上がります。

しかし、そこから問題点や課題等は出てきますが、なぜその問題が起こったのか、その課題をどうすれば解決出来るのかはなかなか分かりません。

増してどこをどう伸ばせばもっと良い結果が得られただろうとか、足を引っ張っていたのはこの部分であったのか等はなかなかわかりません。

目標値を決めそれが達成されたかどうかで判断する事も評価です。一方結果の出来合の評価ではなく、目標値を決めていく課程、そしてそれを達成していく過程が正しいのかどうかを判断していくのも評価です。

前者は(広義の意味での)アウトカム評価、後者はプロセス評価と言われています。事業評価とはこの2つが揃っていないと正しく行うことが出来ません。

特にプロセス評価は、事業計画の企画とその実施・運営の評価を出来るようになってなければいけません。実施・運営の評価とは、実施プログラムの質のコントロールと維持を目的として評価すると言う意味で、目標を達成するために効果的な事業を提供できたのか、準備や資質は十分か、運営方法全般を対象としたトレーサビリティを持った指標です。アウトカム評価が対象者への結果評価に対し、実施・運営の評価は担当者側への企画・運営評価と言えます。この2つが揃って初めて正しい評価が行えるのです。

そして、これらの評価指標が事業プログラムの中に組み込まれているという企画書を作れてこそ初めて正しい事業評価が行えるのです。

プロセス評価を行う目的は事業の質をコントロールするためのものと言いましたが、その本質は「常により良い方向に改善する仕組みを作り上げる」事なのです。介入効果の評価だけではこれは作り出せません。介入効果の評価に自分たち自身の行動や考え方に対するプロセス評価を加えて再度見直しを行うことにより、事業をより良い方向へと導く事が出来るのです。

 

「何のために評価するのか」への問いに対しては、「事業をより良い方向に改善する仕組みを作り上げるため」が答えとなります。

この仕組みを作り上げるためには1つの事業だけでは足りません。ですから絶えず評価することが必要になってくるのです。

 

「評価に時間をかけることはどうも・・」

蛇足的になりますが、この個別健康教育評価手法を読み終えた時、恐らくこれまでのやり方では(ちゃんとした事業計画書を作り上げることが)時間的にとても無理だと感じてしまうでしょう。実際私も最初にアドバイザーとして依頼される場合、ほとんどが早くても10月頃から関わるケースが多いですが、その場合、事業計画書を手直しし、目標値を設定していくまでにはあまりにも時間的余裕がなく、初年度は見切り発車となる場合がほとんどです。そして、まともに作れるのは次年度以降となりますが、その場合は遅くとも7〜8月には企画スタートをしないと間に合いません。(きちんとした計画書づくりに慣れている場合は10月頃からでも遅くはないのですが)

結果的には、初年度では問題点を指摘しつつ、スタートを早めるための業務改善を促すことになるのです。事例2の初心者向け運動教室における程度の計画書を短期間で企画出来ないような場合、企画スタート時期を早めるための業務改善を行わない限り評価可能な事業を実施することは難しいでしょう。まして継続性のある事業を求めているとより困難となります。事業を実施するのが精一杯という状況の中で、「評価に時間をかけることはどうも・・」ということがどのようなことになるか先を見据えて、今一度考えてみることが必要です。

 

 1/1 
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース