トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 事業企画・評価の大切さ ≫  ・・・ 1ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  
 

事業計画企画の大切さ

正直に言いますと、実施事前の計画書を見ただけでその事業が上手く行くか否かは8割方分かります。上手く行くというのは終了後にきちんとした評価が下せると言う意味です。

しかし、多くの個別事業計画を最初に見せて頂くとそのほとんどが評価はおろか計画書としての体裁をなしていません。

何が問題でどのようにして持ち出してきたのか、何のための指標か、どのような結果を得たいのか、・・・問題点の把握や目的・目標の設定において謳っていることと、実際にやっている内容のギャップの大きさに戸惑うこともしばしばです。

いろいろ質問し聞き出すと計画書としての一貫性に乏しいことが多く、何をやりたいのかわからない事業計画書となっているものが多いのです。(当然期待すべき評価に値する結果は出てこない)

評価が下せないと言うことはやりっ放し事業と言われても仕方がありません。そう言われないためにもきちんとした計画書を立てられるように努力を重ねて欲しいのです。

 

企画能力=評価能力⇒危機管理能力

医療制度改革にともない保健事業も民間委託出来る時代になってきました。

これまで保健師の独占とされていた保健指導が、看護師、栄養士、運動士などにも解放されて来ました。また、これまで自治体や公共団体が独占して行われてきた予防事業が民間業者を含めたいろいろなところと競争する時代となってきました。これは保健事業における競争原理の導入を意味しています。それは事業結果とその評価が問われる時代でもあります。民間業者の場合結果が出てナンボの世界ですから、生き残りをかけて相当努力してきます。このようなところとこのままの状況では、勝負しても勝ち負けは目に見えています。競争原理のもたらす結果は先例の医療・看護の世界と同じようにそこに関わる保健従事者の2極化をもたらすことになります。

そこでは、管理する側とされる側に分かれてしまいます。どちらになるかはその人の持つ能力によって決まる時代に突入したと言えるでしょう。

しかし、もっと恐ろしいのは、丸投げ委託した場合、その業者の行うプログラムの質を見抜くことが出来ず、何かあったら全ての責任を負うことへの危機感が保健指導従事者にはいまだ希薄な点です。

先の医療・看護では、競争原理が導入された初期にこのようなことがたくさん起こりました。病院や関連機関での事故が多く報道された頃です。医療・看護では何か起こったら直接生死に結びつくため報道されることも多かったのですが、保健では報道されないにしろ問題が起こらないとは限りません。

これからの保健指導従事者は、自分たちで事業を行うにしろ、委託するにしろ、作られたプログラムの質を見抜く目を養う必要があります。それにはきちんとした計画書やプログラムを作れる事が前提で、目的から結果に至るまでの評価をちゃんと行える実力が身に付いていないと医療・看護で起きた同じことが繰り返されてしまいます。企画力を養うことは、評価能力を身につけることであり、最終的には危機管理能力に繋がります。

保健指導とは目標管理能力を教えること。

 企画能力は評価能力でもあり、それが危機管理能力に繋がることは述べましたが、企画能力の本質的なことは目標管理能力です。それは自己管理だけに及ばず組織管理から部下の評価まで及ぶ人材教育における根本的な能力です。

誰でも目標を達成したいと思うならば、それに見合った計画を立てることと思いますが、目標値と期限を決めて、そこにはいつ何をする、次に何をすると言った行動計画を作ることを行います。

出来上がったものを眺めて自己満足するかもしれませんが、それは単に行動のスケジュール帳になっていませんか?

各行動内容が正しければ、スケジュールをこなせば目標が達成出来るかもしれませんが、それぞれは正しい行動だと言うことができますか?
また、遅れや修正に対するリカバリーもハッキリしていますか?

目標管理とは、任意の時点において今目標に対して何%達成しているとハッキリと言うことができ、リカバリープランが常に用意されていることを言います。

私たちが、保健指導を行う際、面談者に目標を決めて、行動計画を作りアドバイスを行っていくのですが、そこは専門知識を披露する場ではありません。

専門知識によるアドバイスは正しい方向へ導くためのものであり、目標を達成させるための手段のひとつです。

対象者が専門職から離れても自己管理が続けられるように正しい知識に基づいた本人に合った自己管理の方法を身につけてもらう。

これが保健指導の本来の姿です。ただ単に期限内の目標をこなしたと言うことではないのです。

この本来の姿を行うためにも、指導者自身が自己管理能力に長けていることが求められるのです。

 

 1/1 
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース