トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ・・・ 16ページ中 3ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

地域アセスメント策定手順

ここでは、地域アセスメントを行っていく問題探索の過程を説明しています。

問題解決への第一歩は「問題を見つめることから始まる」のであり、 Plan−Do−Seeではなく、See−Plan−Doである。

医療では、患者さんを前にして病名から治療プランを立てるのではなく、徹底した観察と問診から始まります。保健もこれと同じこと。プランから最初に入ると他の事例を探したり、他の地域のことが気になったりして横並びのものが出来上がります。特に自分の地域特有の問題を見失いがちとなります。

 

問題は何だろう? どうやってそれを見つけるか?

地域によって問題点は様々です。問題を見つけだし解決のためにはただ単に行動するのではなく、方向性を持って行動することが肝心です。そのため、最初に行うのは、大本である「健康日本21」及び自分たちの「県の地域保健計画」との理念と目的の共有を行うことから始まります。

「健康日本21」では、これまで皆がバラバラに、いろいろな方法で策定されてきた事業計画に対し、目的を統一した方向性とこれを達成するための手段を示しています。

地域の健康づくり計画書は「健康日本21」と「県レベルで策定された健康推進計画」の趣旨を踏まえ、これらと整合性を図りながら策定し、それに基づいて個々の事業を企画していくことになります。

健康づくりプラン策定の考え方参照・・・(別画面が開きます。)

理念と目的の共有

健康日本21が掲げる目標は「早世の減少」と「生活の質の向上」「健康寿命の延伸」であり、我が県の地方計画「健康プラン○○21」においても、「壮年期死亡の減少」「生活の質の向上」「健康寿命の延伸」を強く謳っています。

ほとんどの都道府県では、「健康日本21」と「県レベルで策定された健康推進計画」の基本理念と目的は共有されています。

従って、地域でもこの理念と目的を共有することが計画策定のスタートになり、地域における保健事業は全て上記理念・目的に向かって行われるような計画になっていないといけません。基本理念と目的の共有は、県へ国へと寄与していくものとなります。

整合性図

そこで、「壮年期死亡の減少」「生活の質の向上」「健康寿命の延伸」を我が市の目的とすることを頭に描きながらアセスメントを進めます。

頭に描くというのは、実際のデータを検討しないとこの目的が正式に謳えないからです。このとき、この3つの目的が達成されると我が市がどのような姿になるのか言い換えると一言で言えばどうなるかを描きます。これがスローガンです。

ポイント1

 「壮年期死亡の減少」即ち早世を減少させるには65歳未満区間死亡の減少を目指すことです。

一方、健康寿命を延長するためには高齢障害者の減少が必要です。

早世を減らすことと高齢者の障害を防ぐことを大目的とした場合、それに関連する疾患をいかに減らすかが、中目的となります。

高齢者の障害を減らすとすれば、脳卒中や骨折の減少、さらには歯の喪失を防ぐことが中目的となりこれは、大目的の「生活の質の向上」にも繋がります。

これらの疾病は、多くの場合生活習慣に深く関連しており、高血圧や糖尿病、たばこ、肥満、身体活動などが問題となりこれらに関連する生活習慣の改善が小目的となります。

ポイント2

自分たちだけでは出来ない。関連部門を巻き込んだチームを立ち上げること。

アセスメントに必要なデータを収集するには、1地域の部署だけでは困難です。

標準化死亡比を作成するための疾患別死亡データは保健所と組まなければ入手出来ないでしょう。また、健康寿命に関する介護データや障害原因などは介護保険課と組まないと入手出来ません。また、県の統計情報部へ出向くこともあります。こういったデータが必要だから出して下さいでは絶対出てきません。作成するとわかると思いますが、膨大な時間と手間をかけてようやく基本となる生データが出てきます。それから必要とするデータへ加工していくのです。他部署へ依頼するのではなく、必要部署を巻き込んだ同じチーム内で作成することが必要です。

 

 3/16 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース