トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ・・・ 16ページ中 8ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

次に合計特殊出生率(TFR)を算出します。

合計特殊出生率は標準化された指標ですが、ここでは、比較のために算出するのではなく、将来人口を推計するために算出します。

TFRについての詳細 (別画面が開きます)

SMRもTFRも算出する場合、比較的大都市のように人口が多い場合は単年度で算出しても構わないのですが、普通規模の地域では、5年分を1まとめにして算出しています。このことは、TFRの将来値を推定する場合に既存値が多ければ多いほど誤差が少なくなるのですが、5ポイントの値を必要とするだけでも過去25年分のデータが必要となります。皆さんのところではどこまで出せますか? 苦言その1(別画面が開きます)

合計特殊出生率推移図

これらを元に平成37年までの予測値を計算してみましょう。

この予測は、純粋に近似曲線での数学的なもので、その他の事情とかは一切考慮していませんが、目安程度として扱います。

ここでは、県の値も載せていますが、比較しない限り特に必要はありません。

合計特殊出生率予測

 

これを元にして、再度グラフを作ります。

合計特殊出生率予測グラフ

 

 8/16 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース