トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ・・・ 16ページ中 9ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

次に これら将来予測値から、人口推計を経て人口ピラミッドを作成します。

人口ピラミッド

 

現在と25年後の世代構成を比べながら、問題点を論じて行きます。

 

ここでは、合計特殊出生率(TFR)の計算方法、TRF予測方法、人口ピラミッドの作成方法について詳しくは触れませんが、会員ページの中で作成方法やツール等の紹介・解説を行っています。

 

次に死亡状況です。

標準化死亡比による比較

標準化死亡比(SMR)は人口・年齢構成といったバイアスに左右されない指標です。これを用いて全国及び県と当市の比較を行います。

SMR男性
SMR女性

 

SMRから見た我が市の脳血管疾患、心疾患、糖尿病による死亡比は男女とも全国を上回っており、県と比べても高い。ガンでは胃ガン、肺ガン、大腸ガンの順になっている。(ここではグラフでは載せていませんが、各疾患における経年変化を調べることが必要です。)経年で見ると肺ガンの伸びが著しい結果が見えてきます。

また、脳血管疾患、心疾患、による死亡比は平成5年から平成12年にかけて数値的には減少、糖尿病は増加しているが、これは疾病分類の変更処置による変動であることを付け加えておく 事も忘れてはいけません 。

SMRの算出も5年分を1まとめにして算出していますが、地域によってはあるいは疾患によっては死亡数が少ないために大きな誤差が生じることがあります。死亡者数の合計が10人以下ではかなりの誤差となります。

このような場合ベイズ推定を用いて算出するのが通例です。

SMRで比較しても、誤差が出るような少ない死亡数の場合の補正の仕方を参照
(別画面が開きます。)

健康体力づくり事業財団が提供する健康マップにおけるデータを見ると算出したSMRを検定し有意差を出しているものもありますが、誤差の少ない分に関しては有効ですが、誤差の大きい場合には検定を行わないのが普通です。

本来ならば、信頼性区間を示して表示するのですが、一般的には区間の中点の値が示されているのがほとんどです。

SMRの検定・信頼性区間表示の方法は会員ページで解説しています。

 9/16 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース