トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ はじめに ・・・ 1ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  
 

はじめに

この「地域保健計画策定の手引き」は平成13年から日本看護協会が管理するホームページ「地域保健どっとネット」における1コンテンツとして掲載されたものをベースにしています。

この企画は、厚労省平成12年度地域保健活動支援情報ネットワークシステム開発事業(委員長 水流聡子 広島大学(現東京大学))の委託を受けて作成したもので、現在は同ホームページには掲載されておりませんが、あれからかなりの時間が経過し、その間私たちもいろいろな地域で地域健康増進計画の策定に携わってきました。そこで、改めて内容に大幅な改訂を加え当HPに再掲示することにしました。

主な改訂点は、これまで行ってきた講演や支援活動の経緯から皆さんの弱いと思われるデータの取り扱い方を含め論理展開していく思考過程や留意点を詳細に解説、そして他のコンテンツとリンクすることでより詳細な内容となるようにしました。また、以前どっとネットでは言えなかった苦言や独り言なども載せています。

どっとネットでのコンテンツの内容は当法人に著作権がありますが、Web上のデザイン権等は持ち合わせていませんので、新たにデザインし直して掲載しています。そのため「地域保健どっとネット」をご覧になっていた方は別のイメージを抱くかもしれませんが、構成はほとんど同じです。

実は、地域保健活動支援情報ネットワークシステム開発事業における地域保健事業計画策定の本当のねらいはみなさんの業務改善なのです。

最初のページから難解で取っつきにくい感があるかもしれません。それは当然のことでみなさんの思考の改革を求めているからなのです。これに拒絶を示す方、受け入れる方いろいろな方がおられると思います。一方、保健師教育に情熱を抱いて指導してきた方々の保健師離れも多く、指導講師不足も現実化しています。

今、これまで培ってきた経験を上手く生かせず、個々の能力に依存した組織が淘汰されている時代になっています。私たち保健の世界にもその波は押し寄せており肌で感じている方も多いでしょう。

この地域保健事業計画策定を通してこれまでの業務を振り返り、検討・反省を重ね悪いところは思い切って改善するといった気持ちで眺めてください。

私たち事業の成果の最終的な審判は住民が下します。そのときになって慌てないようきちんとした計画策定・実行・評価が出来る業務を日頃から心がけて行えるように。

構造化ツールについて

先の地域保健活動支援情報ネットワークシステム開発事業では、地域ケアを展開するエキスパート保健師に必要な、知的作業能力の開発と作業そのものを支援するツールとして「構造化ツール」なるものを作成しました。
問題解決過程を構造化して、ひとつひとつのステップを確実に押さえていく「構造化ツール」を、保健師が実施する「地域ケア」の展開用に、より使いやすいものとなるよう若干加工してどっとネットでは展開したのですが、このコンテンツでは触れていません。しかし、背後にある考え方は構造化ツールを作成したときと同じです。

構造化ツールに関する詳細はこちらを参照して下さい。(別ウィンドウが開きます。)

 構造化ツール

 1/1 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース