トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 評価  ・・・ 9ページ中 3ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

分析事例1

アンケート調査結果より得られた食塩摂取量 現12.5gという結果はどういう内訳になっているのか見てみましょう。

ここでの分析内容は半定量食物摂取頻度調査法のロジックに関する項目が含まれますので、丸投げ委託では絶対出てきません。半定量食物摂取頻度調査法の開発側から見れば、調査法のロジック部分は特許の対象になると考えられ、公にすることを嫌います。開発側が民間業者と提携している場合でも、業者への使用権や販売権は認めますが、ロジック部は非公開にしているのがほとんどです。事業委託の際大学や研究機関などと連携している場合は事前にこのような(分析を行うための)データが必要になることを前もって伝え、結果報告に含まれるように交渉しておくことが必要です。民間業者ではほとんど難しいでしょう。それは、業者と開発者の間で契約時にロジックに関する項目は手が出せないようになっている場合がほとんどだからです。

 

食塩摂取量の品目順位内訳を見ると、

摂取品目
摂取割合 単位%
みそ汁・スープ
22.5
塩辛いもの
21.8
漬け物
21.5
肉加工品
12.5
魚加工品
11.8
麺類
9.9
合計
100.0

のようになっています。半定量食物摂取頻度調査法のロジックでは、食品以外にも嗜好や食行動をみて判定を下しています。詳細は述べられませんが、それらを勘案して重み付けをした結果をパレート図で見てましょう。

パレート図の詳細は別コンテンツ統計講座基礎編のグラフの使い方を参照

食塩摂取パレート図

これを見ると、塩分摂取量を判定する割合は食嗜好で約42%を占めており、食品群の摂取より大きなウェイトが置かれて、「塩辛いもの、濃い味を好む」などの嗜好を持っている人はほとんどの品目からより多く摂取していることを前提に算出しています。(統計的な裏付けをもっています。)

みそ汁・スープ類は摂取品目としてはトップの割合を示したのですが、重み付けを行った結果は、実際の摂取量としての割合は低くでていますね。

この食嗜好と塩辛い食品(塩鮭やたらこ等)からの摂取で全体の57.2%にあたり、漬け物を加えると約73%にもなります。

これらを改善するだけで目標値が達成出来そうです。

 

この結果は理屈から考えても理解出来ます。摂取品目の順位だけから改善項目を見ても無理があります。濃い味嗜好を持つ人へ、みそ汁・スープ類や漬け物類を控えるように指導しても、その該当品目は少なくなったとしても他品目から多く摂るようになるでしょう。いろいろな指導を行ったとしても結局その人の味嗜好を変えない限り無理だとの結論に達することになるでしょう。

半定量食物摂取頻度調査法に限らずどのような調査を行っても食塩摂取量の減少への対策は最終的に薄味化に落ち着くと思います。

 3/9 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース