トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ≫ 計画立案  ・・・ 12ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

第3章 調査計画立案

はじめに

どの様な事業でもこの計画立案の段階によってその事業の出来不出来が決定されると言っても過言ではありません。

計画立案における考察の深さが事業の質を決定するのです。

評価の方法がわからない、事業の方向が最初と違った方向に展開している、毎年同じ事を繰り返している等は全てこの部分の緻密さが欠けている事が原因であることが分かっています。

実際に事業の実施・評価・展望はここで立案されたことを実行するだけで着実に進むのです。事業実施者、評価を受ける者はこの部分に持てる力の殆どを投入する気持ちで計画を立案して欲しいものです。事業計画は立てたのだけど、評価の方法が分からない、評価指標の立て方が上手く行かない、次回の事業につながらない等の思いをされたことがある方はぜひこの章の内容を理解して下さい。

ここでは、住民調査アンケートにおける目標を測定するための設問内容と指標及びそれを評価するための方法について詳細を解説します。

前章で問題や原因が明確になってきたところで、ここからアンケート調査の設問内容の作成に着手しますが、問題や原因を見てああこれらのことを聞けばよいのだなどと思うととんでもないことになります。時間や労力を費やすのはここからが本番で、最も手間がかかり、内容もそうですが予算、人材、日程などに大きな影響を与える部分です。ここを無事クリアしたら事業の7〜8割は成功したようなものです。

アンケート調査における設問内容というのは、目標達成を評価する1つ1つの指標です。目的を達成するために適切な目標が設定され、その目標の達成度を測定するための指標を導き出す課程を評価方法を交えながら解説しています。

ただし、全ての目標項目・指標について解説すると膨大な量となりますので、容量の面から栄養・食生活の領域を中心に解説します。(これだけでもかなりの量があります)栄養・食生活を取り上げたのは、アンケート調査において他の領域での設問は回答数から割合を出し評価する単純・クロス集計が主な内容となりますが、栄養面では、選択問題の回答から実際の数値を算出するケースがほとんどで(例えば塩分摂取量何gという具合に)単純集計が要求する設問内容とは考え方も扱い方も全く異なります。単純・クロス集計を念頭に置いたアンケート調査の解説はいろいろと出ていますが、栄養・食生活を中心としたアンケート調査の解説は非常に少なく、(良い本はあります。食事調査マニュアル はじめの一歩から実践・応用まで 南山堂 はお勧めです。)しかも栄養士さんに任せっきりとなってしまいがちです。栄養の面は栄養士さんへの単純な役割分担だけでは一貫した計画書を作成することは出来ません。栄養・食生活におけるアンケート調査がどのような考え方で調査票が設計されるのか実施責任者として理解しておくことは重要です。

 

 1/12 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース