トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ≫ 目標設定 ≫ ・・・ 11ページ中 1ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

第2章 目標設定

はじめに

先のアセスメントでは、「壮年期死亡の減少」「生活の質の向上」という基本目的を達成するために脳血管疾患数の減少、ガン死亡者の減少、健康寿命の延伸、糖尿病患者数の減少を具体的目標(中目的)として掲げました。

ここでは、これらに対する地域の問題点の原因がどこにあるのか、何が重要なのかを特性要因図や連関図を用いて追及し、その後実施される調査の調査目的を明確にして基本となる目標を設定します。そしてその目標を具体化しアンケート調査における調査項目を決めることを行います。

先にも述べましたが、アセスメントで用いた死亡情報、健診データ情報はあくまで現象を表す数値にしか過ぎません。地域特性というのは、その地域の生活習慣、食生活習慣、運動習慣、価値観、健康観そのものです。データ値はそれらが反映している総合現象を見せているのに過ぎないのです。それらを改善するための情報を得るために地域特性を分析することが必要で、そのために必要な住民生活習慣実態調査を行うアンケート調査の企画の解説を行います。

調査とはただ単に行うものではありません。明確な目的意識を持って行わないと得られるものはほとんどありません。

これまでにアンケート調査を行ってきて次のような思いをしたことがありませんか?

・この聞き方では求めている事が出てこなかった。

・あれを聞いておけばもっと意味のあるクロス集計ができた。

・どれとどれをクロスして良いかわからない。

・何かよい分析方法がないか。

・高度な分析手法を適応すれば何とかなるのではないか。等

調査の目的が明確でない、意図が不明瞭な場合などは必ずこの様な結果に陥ります。

目的を明確にするということは、その評価方法まで視野に入れているということであり、必要な情報を明確にするだけに留まらず、分析・評価の方法、手法まで明確になっていなければいけません。

一番知って頂きたい事は、どんなに高度な手法を用いようとも調査票が与える情報以上のものは引き出せないということです。

情報がない以上、分析のしようがないのは当然の事で求めているものが得られない事になります。

従ってアンケートの企画とは、調査票にどの様な能力を備え付けるかということに他なりません。そこに十分なほど時間をかけ綿密に作り上げていかないと結果は無駄足となります。

そのためここではその内容を2つの章に分けこの目標設定章では、問題点の絞り込みと原因追及を行い、調査目的を明確化し目標を定めます。次章調査計画立案章では調査票の設問内容つまり具体的指標の設定を行います。

 1/11 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース