トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ≫ 目標設定 ≫ ・・・ 11ページ中 3ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

地域アセスメントで掲げた目的は次のようなものでした。

【基本目的】

壮年期死亡の減少

生活の質の向上

 

【具体的な取り組み(中目的)】

脳血管疾患数の減少

ガン死亡者の減少

糖尿病患者数の減少

 

具体的な取り組みにおける目的を達成するための目標を考えるには、どうすれば脳血管疾患数の減少を達成できるか、どうすればガン死亡者の減少を達成できるか・・・を考えてそれぞれの目標を立てることになります。また、これらは基本目的の「壮年期死亡の減少」「生活の質の向上」につながるものでなければなりません。

問題点の絞り込みは、具体的な取り組み(中目的)の原因を明確にすることから始まります。

 

地域問題・課題の追求

具体的に原因追求型の設問項目を考えていく場合、ブレーン・ストーミングを行い問題点を明確にすることがよく言われますが、実際どのような手法を用いるのか整理してみました。

・KJ法

・要因特性図法

・連関図法

・系統図法

これらは、製造業や産業界では品質管理におけるQC七つ道具として有名です。

皆さんなじみが薄いかと思われますが、これからの看護・保健職は問題分析能力やマネージメントの管理能力も重要となってきますので、QC手法に関してはぜひ勉強しておくことをお勧めします。

QC七つ道具についてはいろいろな文献等ありますが、医療・看護・保健関係では、以下のHPがわかりやすいでしょう。

看護業務サポートディスク⇒業務改善の実践⇒医療における総合的品質管理(TQM)の基本概念

http://www.nurse.or.jp/tools/support/gyoumu/gyoumu_5.html#gyoumu_5_001

残念ですが看護協会のHPがリニューアルされこのページはなくなりました。
キャッシュでこちらからご覧出来ます。こちらから医療における総合的品質管理(TQM)の基本概念

更に、

・風船図法

関連図、(連関図ではありません。)を用いた目的と手法を関連づける図式。)

地域づくり型保健活動研究会の岩永先生が提唱する方法で、QC七つ道具の系統図法に近い)

KJ法は、ブレーン・ストーミングなどで出されたアイデアや意見を1枚ずつ小さなカードに書き込み、それらのカードの中から近い感じのするもの同士を2、3枚ずつ集めてグループ化していき、それらを小グループから中グループ、大グループへと組み立てて図解してく方法です。こうした作業の中から、テーマの解決に役立つヒントやひらめきを生み出していこうとするもので、問題発見の出発点には有効な方法ですが、原因追及という面ではそれほどの威力はなく単独で用いるよりも他の方法と組み合わせて用いられることが多いのです。しかし、これを単独で用いて行き詰まっている例をよく見かけます。

ここでは、特性要因図法、連関図法で問題点を明確化し原因を追及する方法を行ってみました。この方法を用いたのは参照する文献も豊富で実績が多いためです。

特性要因図法、連関図法の作り方の詳細についてはここでは述べませんが、各自で勉強してみてください。

 3/11 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース