トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ≫ 目標設定 ≫ ・・・ 11ページ中 4ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

特性要因図と連関図

特性要因図法

特性要因図とは、結果とそれに影響を及ぼすと思われる原因との関連を整理して、魚の骨のような図に体系的にまとめ上げた図です。

特性要因図概念

特性要因図には、目的達成のための手段・対策を考え出すための方法として使用する場合もありますが、この場合は一般的に系統図を利用するので、ここで言う特性要因図は、原因追及型です。

特性要因図の「特性」とは、ある事象の結果をを意味しており、「要因」とは結果に影響を与える原因と定義しています。ここでは、アセスメントの結果から脳血管疾患数の増加、ガン死亡者の増加、糖尿病患者数の増加という各結果(特性)への歯止めを目的としたこれら疾患の原因(要因)の追及を行い住民生活実態調査における設問項目を決定していきます。

特性要因図における「原因」は、結果に影響を与えるものを指すのですが、図中大骨・中骨・小骨も各原因に当たるので、大骨のもとの原因をどう選択するかがカギとなります。産業界特に製造業などでは、この大骨の原因を4Mと表現し分類しています。4Mとは、人(Man)、機械・設備(Machine)、材料(Material)、方法(Method)の英頭文字をとって4Mと言っています。

本来、大骨のもとの原因をどう選択するかは自由で4Mにこだわる必要はありませんが、製造業などでは問題点を突き詰めていくと最終的にこの4つのMに突き当たるという経験から採用されているに過ぎません。

では、保健ではどうでしょうか。保健でも問題点を突き詰めていくといくつかの項目に落ち着きます。勘のよい方は気がついているかもしれませんが、ここでは、それが未知なものとして追求していくことにしました。結果は皆さんよくご存じの項目に落ち着きます。

参考までに製造業などで採用されている4Mは、作業・工程管理分析に威力を発揮しますが、これはマネージメントの観点から見ると幅広くいろいろな分野に応用できます。最近耳にするようになったプロセス評価はその本質は事業進行(工程)管理と質の維持を目的としていますのでプロセス評価を考える際この4Mを展開して、人(Man)、設備・場所・時間(Equipment)、材料・道具・資料(Material)、方法(Method)と置き換えると良いものが出来上がります。

特性要因図の作り方は4Mのように原因が特定されていると大骨展開法という方法で作り上げるのが最も効率がよいのですが、原因が特定されていない場合小骨集約法で作り上げていく方法をとります。小骨集約法とは、(孫骨)→小骨→中骨→大骨と順次集約していく方法で、ここでKJ法を用い集約していくと効果的です。

 

KJ法支援ソフト

最近では、KJ法を行うにもカードではなく、パソコン上で行うことも多くなってきました。メンバーが揃わないと始められないこともよく起こるのですが、専用のソフトがあると、家に持ち帰って1人で作り上げることも出来ます。

結果をパソコンにデータとして保存する必要性も高く、このようなソフトがあると助かります。高機能のソフトもあるようですが、フリーソフトもあり手作業はかかりますが、このようなものを利用されるのもよいかと思います。


ダウンロードページにフリーソフトを2種類ほど用意しました。 興味のある方はご利用下さい。

 4/11 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース