トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ≫ 目標設定 ≫ ・・・ 11ページ中 6ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

高血圧症、糖尿病、高脂血症、肥満、高尿酸血症を引き起こす生活習慣とはどのようなものでしょう。危険因子の習慣で、喫煙、飲酒、運動不足、ストレスが上がっていますが、食生活における危険因子習慣が抜けていますので、それを加えてどのようなことが要因(原因)として上げられるのか、ブレーン・ストーミングしてみましょう。

最初はKJ法に従って、カードなどに思い当たることを1つ1つ書き出します。

このとき、ここでは原因を追及しているので、対策に関するものを上げてはいけません。原因と対策では、追求の方向が全く違います。原因と対策が混在していると方向を見失ってしまいます。また、カードに書く言葉の表現は、単語・単文にして1枚につき1要因を記入することです。

カードに書き終えたら一覧にして見たのが下図です。

要因の抽出

出し終えたら近いもの同士を集めてグループ化します。

要因分類図

 

グループ1つ1つにタイトルを付けてみましょう。
では、原因1から5までのグループのタイトルを付けてみましょう。

原因1:食生活

原因2:身体活動

原因3:心と休養

原因4:たばことお酒

原因5:保健行動

原因の1〜4まではよく目にする項目です。原因5はここでは、保健行動と名付けましたが、健康意識とか健康状態とか表現することもあります。

この原因1〜5が特性要因図中における大骨の原因に当たります。QCの産業界では4Mに相当する項目が保健ではこのように集約されます。これは皆さんご存じの健康日本21の目標達成の9の領域として掲げられている一部です。

脳血管疾患数の増加、糖尿病患者数の増加の原因を考えた場合、このような5つになりましたが、これに「QOLの向上」などの原因を考えると「歯の健康」が加わります。このように健康日本21や県の計画書で取り上げられている目標設定の領域は疾患と危険因子の原因追及から出てきたもので、ただ単に示されているからではなくその背景を考えることは重要です。

 6/11 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース