トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ≫ 目標設定 ≫ ・・・ 11ページ中 10ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

目標の設定

目標即ち調査票に載せる設問項目はどのようになるでしょう。

特性要因図や連関図が出来上がっていると目標を立てるのは容易です。

特性要因図の中骨や連関図の原因のすぐそばにある第一要因を望む姿に置き換えこれを具体的な表現に置き換えると目指す目標が得られます。

 

目指す目標を要因(原因)で分けると、

1.食生活(充足率、肥満、食行動)

2.身体活動(運動、運動意識など)

3.保健行動(体調、生活の満足度、健康づくりへの関心など)

4.たばこ・お酒(喫煙・飲酒率、本数、アルコール量など)

5.社会活動(社会活動参加意識、生き甲斐、など)

6.休養・こころの健康(睡眠とストレス)

7.歯の健康(歯の健康状態、歯磨きなど)

等が上げられます。これらは先に明確化した特性要因図や連関図での大骨の原因に当たる項目で、これらを対象者の基本属性(性別、年齢、身長体重、家族構成など)ごとに調査する事になります。

これらの原因について具体的な目標を設定していきます。

 

まず、食生活から考えてみましょう。

第一要因として、「充足率」「食行動」「肥満」が見えますね。

望む姿とは、充足率をバランスの取れた形にする(バランスの取れた食生活)、正しい食行動を行えるようにする、肥満を是正する。これが食生活に関する第一要因を望む姿で表したものです。

これ自体を目標とはしないでください。この表現ではまだ抽象的です。目標とは具体的な内容を伴っていなければならず、何をどうするかが明確になっている必要があるからです。

この第一要因を具体的な形にします。

まず、考えることは充足率をバランスの取れた形にするとはどういうことでしょうか?

適正な食事バランスを摂っている⇒過剰分を減らし不足分を補うということですから、食品各群における摂取量を調査し、過不足分を是正するための資料とする。

同じように正しい食行動を行えるようにするは⇒食事時間、外食、早食い、朝食欠食、間食などを調査し乱れがあれば是正するための情報を得る。

肥満を是正する⇒、肥満の原因となる間食や油濃い食事内容、カロリー過剰を調査し、問題点の是正の情報を得る。

となりこれが食生活における目標で、悪いところを是正するため具体的な数値目標を決定するための調査です。(この目標の目指す目的は食生活改善のための調査であることはわかりますね。)ここで、〜を是正するで止めると、是正の方法の具体化を求められます。その方法がわからないから調査してみようというのが目的です。

 10/11 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース