トップページ
トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
 支援ページトップ ≫ 地域アセスメント ≫ 目標設定 ≫ ・・・ 11ページ中 11ページ目を表示中
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析と評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース
  

具体的な目標がでてきたら、その目標を直接測定できるように指標化を行います。

ここでの指標化とは設問項目を決めることです。

特性要因図や連関図から上がってきた原因から、食事バランスやカロリーや塩分、糖分等の過剰が焦点になりますね。そうすると、現状の充足率や取得カロリー、塩分摂取量など知りたい項目が上げられます。更に肥満状況や食行動なども具体的に知らなければなりません。また、食事環境に関しても同様です。

一般的に栄養士などを交えながら具体的に必要な項目を話し合うと以下のような過程になるでしょう。

そもそも食事バランスが悪いのでは?⇒充足率を知れば分かるね。

食品群だけではなく、ミネラルやビタミンの情報も必要だね。

特にカリウムやカルシウムも不足しているのでは?⇒具体的数値で欲しいね。

肉や油の摂取が多いのでは?⇒PFC比率の状況を知りたい。

充足率だけでは、適正量を摂取しているか不明⇒総カロリーを知りたい。

適正量といえば、塩分・糖分の過剰かどうかも知りたい。⇒具体的数値で欲しい

肥満に目を向けると、カロリー過剰もあるが、どうして過剰になるのか、間食や油濃い食事内容かどうかも知りたいし、そもそも肥満だと意識しているかも知りたいまた、自分の適正体重を知っているかどうか聞いてみたい。

過剰・不足の人の食行動はどうだろう。食事時間、外食、早食い、朝食欠食、間食

など乱れているのでは?味覚異常やダイエットの影響も無視できない。

食事環境も問題でしょう。家族そろって食べる人の割合も問題になっているし、栄養成分表示を気にしているかとか、聞いてみたい。しかし、栄養成分表示を意識させる学習をした経験があるのかな?

等々いろいろと具体的な事柄が上がってきます。

栄養状況に関してまとめると、

食品充足率、PFC比率、カリウムやカルシウム摂取量、野菜摂取量、塩分・糖分摂取量、総カロリー、朝食の有無、間食内容、外食頻度、食事時間、味覚嗜好、ダイエット状況、食べ方、家族そろって食べる回数、栄養成分表示関連、適正体重

栄養に関する知識情報、・・・

となります。

これらが栄養状況に関する測定指標となります。

 

身体活動では、

運動不足、歩数、純運動量、運動習慣、情報提供、環境整備、外出、社会参加

 

休養・心の健康では、

ストレス状況、寝不足感、睡眠の質、生き甲斐の有無、タイプA型性格判定

 

たばこ・アルコールでは、

喫煙状況、喫煙本数、分煙意識、副流煙知識、健康影響の知識、未成年喫煙率

飲酒状況、多量飲酒状況、純アルコール量、未成年飲酒率

 

保健行動では、

健診受診率、未受診理由、健康状態、生活満足度、健康づくりへの関心度、

健康づくりの知識入手先、健康への自信度、理想体重維持意識、健康の定義

健康のために実行していること、健康観

 

その他、社会活動に関する事柄、歯の健康に関する事柄をまとめていきます。

以下第3章 計画立案へ続く第3章 計画立案

NEXTページはこの章のまとめです。

 11/11 

トップページ 法人概要 活動実績 保健従事者支援ページ 入会案内 問い合わせ
医療制度改革下の保健指導のあり方 地域保健計画策定の手引き 保健指導従事者のための統計講座 個別健康教育評価手法 メール
プロセス評価手法 アンケートデータの分析評価 エクセルテクニック集 保健指導ノート 資料論文データベース